一般社団法人 日本二輪自動車推進協会JAMPAの活動報告

受付時間
平日10:00~17:00

活動報告

HOME活動報告

GGG(Global Fund、Gavi、GHIT)+フォーラム秋田2022に参加

20220619GGG+フォーラム秋田-1

2022年6月19日、秋田市において国際NGO日本リザルツが主催する「GGG+フォーラム秋田2022」に参加してまいりました。
GGG+フォーラムは、国際的な健康増進と持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向け2016年から7回開催されており、今回は秋田市において自治体や企業・学生など約200名が参加する中で結核の現状が報告されたほか、秋田の食文化を守りながら健康を維持するための課題をはじめ、食、教育から街づくり、平和まで、様々なテーマで脆弱な人々の課題解決に向けた政官学民の連携を強化するための議論が行われました。(後援:AKT秋田テレビ、秋田魁新報社)
 

 

  

 
当日の模様は秋田テレビ公式ホームページ…

AJ埼玉オートバイ事業協同組合 第28回通常総会に参加

AJ埼玉オートバイ事業協同組合 第28回通常総会

2022年5月25日、AJ埼玉オートバイ事業協同組合 第28回通常総会に参加させて頂きました。

総会後の懇親会はコロナ過を乗り越え、久しぶりとなる対面式の会合でした!
普及が進むEV車両のアフターメンテナンスに対し、「オートバイ政治連盟」吉田会長、「一般社団法人JIMA」村島代表理事や多くの参加者様と意見交換をさせていただきました。
当社団は今後もEV車両普及に伴う様々な課題点改善に努めてまいります。

 

日本バイクオブザイヤー2021授賞式

日本バイクオブザイヤー2021授賞式

2021年12月15日、一般社団法人日本二輪車文化協会が主催する「第4回日本バイクオブザイヤー2021」に来賓としてご招待いただきました。

本年度のバイクオブザイヤー2021大賞はKAWASAKIの「Ninja ZX-25R」が受賞いたしましたが、電動部門においてユーザー向けに市販されていないHONDAの「GYRO e:」が受賞しており、EVバイクに関しての関心度も高く今後の可能性を秘めた車両と感じることができました。

当社団ではEV車両の普及に伴う整備インフラの構築、リチウムイオンバッテリーの廃棄問題等に関し、HONDA、KAWASAKIをはじめとするメーカー様や多くのご参加者様と意見交換をさせて頂きました。EVバイクの課題点改善に努めて参ります。

EVバイクコレクションin TOKYO2021に参加!

EVバイクコレクション in TOKYO 2021

2021年12月4日~5日の2日間わたって東京国際フォーラムにて開催された
「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」にJAMPAとして参加してまいりました。

KAWASAKI、HONDA、YAMAHA、をはじめとする国内外メーカーの最先端EVバイクが多数展示されておりました。またEVバイク試乗会も開催されており、来場者も多く、EVに関する関心の高さをうかがい知ることができました。

当団体ではEV車両の普及に伴う整備インフラの構築とリサイクルバッテリーに関し、メーカー様の見解をヒアリングし意見交換を行いました。

 

 
  

  

伊豆修善寺虹の郷でのEVバイクミーティングに参加!

izu03

2021年10月3日(日)静岡県伊豆市修善寺の虹の郷(運営:シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社)に於いて22社50台以上のEVバイクミーティングが開催されました。

EVバイクの他、電動キックボードなど、伊豆地域を中心に高校生の課外活動「原動機研究部」が企画し実現しました。
イベントには伊豆市菊地市長をはじめ静岡県議会、伊豆市議会の議員の方々も参加され、電動パーソナルモビリティを地元観光に役立てる等ご意見を賜りました。

 

 

私たちJAMPAは、参加した企業様へEVバイクが現在抱える問題や課題への対策を強化できるよう意見交換をさせていただき、納車整備点検等各企業様との連携による…

【報告】国際NGO日本リザルツ様でボランティア

2021.08.19積込ボランティア

2021年8月19日
国際NGO日本リザルツ取り組む「スナノミ症対策プロジェクト」で集まった5,072足、おおよそ2.5トンの運動靴のケニアに向けた輸出のお手伝いを行ってまいりました。
日本リザルツ公式ブログhttp://resultsjp.sblo.jp/article/188937165.html

積込完了

JAMPAではケニア共和国においても日本で使い終えた中古バイクを輸出し、整備技術指導、雇用創出、修理したバイクでのバイクタクシー、デリバリー等の事業提案、最終的には物配りではない貧困層の自立に繋がるスキームで現地での多くの問題解決の一助となるよう支援活動に取り組んでおります。

【報告】ニーム協会を介しトーゴ共和国との調印式を行いました

1

令和2年7月15日
ニーム協会を介しトーゴ共和国と日本中古バイク活用の為に調印式を行いましたJAMPAは、アジア諸国へ日本の中古自動車や二輪車輸出を2002年より行い
(株)ジェイ・ピートレーディングの代表が中心となり、二輪車による社会支援活動を目的として設立された一般社団法人です。
このスキームを活用しトーゴ共和国でも輸出だけではなく、現地スタッフへ整備に関する技術指導・販売ノウハウの提供を行うことによる貧困層の自立支援および雇用の創出、二輪自動車だからこそできる現地の生活(社会)環境における問題等、多くの問題解決へ取り組んでまいりたいと思います。

 

【報告】全国オートバイ協同組合連合会総会に参加いたしました

1575936305038

令和元年11月28日
全国オートバイ協同組合連合会総会に参加させて頂き
国内の中古バイクを途上国で活用する
取り組みをオートバイ議員連盟へ
報告いたしました。
この取り組みを公明党山口代表へも報告をさせて頂きました。

【報告】自民党オートバイ議連会長 逢沢一郎先生へ活動報告・第7回アフリカ国際会議へ参加いたしました

1567064435872

一般社団法人 日本二輪自動車推進協会として
国内企業が使用した中古バイクを途上国へ輸出し
→修理技術指導
→雇用創生
→修理したバイクでのレンタル・リース事業提案
→貧困層の自立支援
スキームに15年取り組んでおり、今後はアフリカへの輸出を計画し
第7回アフリカ国際会議へ参加して参りました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/page1w_000185.html

この取り組みを自民党オートバイ議連会長
逢沢一郎先生へご報告させて頂きました。

【報告】ロータリーの同志である三谷代議士の新春の集いに参加しました

JAMPA資料_7

新春の集いにて、菅官房長官にもバイク普及の活動報告を行いました。
とても興味をもってお話を聞いていただけました!

 

1 / 41234